BUMP OF CHICKENについて

私の好きなアーティストの一人であるBUMP OF CHICKENについてご紹介します。
BUMP OF CHICKEN(以下BUMP)は幼馴染の4人組のバンドであり、メンバーはVo.藤原基央、G.増川弘明、B.直井由文、D.升秀夫である。
バンド名は弱者の反撃という意味。

 

2001年に天体観測が大ヒットして、その後はオリコンヒットチャートにも上位でランクインすることが多い。
魅力はなんといっても藤原基央の作る世界観と歌詞。
1st、2stアルバムの頃は物語調の歌詞が多く、誰にでもその世界が想像しやすく、共感を生んだ。

 

最近はメンバーの演奏技術の上達に加えて新しい取り組みとして新たな楽器を取り入れたりしており、日々進化をしている。
私が一番好きな楽曲は「ロストマン」という曲である。
この曲は4stアルバム「ユグドラシル」に入っており、タイトルの通り迷子の人、何かを失った人が主人公である。

 

歌詞を作るのに9ヶ月かかったという話も有名で、歌詞が魅力的である。
最近は初期の頃のように尖った感じの楽曲が少なく、優しい、柔らかいポップな曲が多いのだが、今後も注目すべきアーティストである。